ベトナム(Vietnam)

ベトナム・ホーチミン旅行に必要な持ち物「チェックリスト」あり

広告:ページ内にてアフィリエイト広告を利用しています。

ウキウキ旅行する人
スーツケース

Vietnam in love,
Travel to Ho-Chi-Minh City.

ベトナム・ホーチミン旅行に必要な持ち物

PR

ベトナム・ホーチミン旅行

ホーチミンのランドマーク

ここ数年、急速に人気が出てきた海外旅行先「ベトナム・ホーチミン」

常夏の気候、美味しいベトナム料理、発展した都会、エキゾチックなアジアの文化

行きやすい国の一つになりましたが、海外旅行、

持っていくべき必需品をあらかじめ知っておきたいところです。

本記事では、ベトナム・ホーチミン旅行に持っていくべきものを解説します。

海外旅行の必須の持ち物

海外旅行であればベトナムに限らずどこの国でも必要な持ち物を解説します。

持ちもの

パスポート

パスポート

当然ですがパスポートは必須です。

ビザなしで入国するためにはパスポートの残存有効期限が6か月必要ですので、

お気を付けください。

パスポートのコピーと写真2枚

パスポートを紛失した場合には帰国するために、

日本大使館(在ホーチミン日本国総領事館)で手続きなどをしなければなりません。

パスポートの顔写真のページのコピーと、パスポート用の写真(2枚)があると

手続きが早くなって便利です。

当然ですがパスポートと一緒に保管しておくと一緒に無くしますので、

別々に保管して持っていくようにしましょう。

飛行機の「e-チケット」

空港のカウンターで発見する際やスーツケースを預ける際、

またイミグレーションをスムーズに通るためにも

飛行機の「e-チケット」は紙で印刷して持っていきましょう。

当然ですが、スーツケース奥に入れておくといちいち出せませんので、

手持ちバッグに入れて飛行機に乗り降りしましょう。

ホテル予約の「e-チケット」

ホテルにチェックインする際の余計なトラブルを避けるため、

ホテル予約の「e-チケット」を紙で印刷して持っていきましょう。

特に英語が苦手な人はチェックインがスムーズになって便利です。

現金(ベトナムドン)

当然ですが「お金」は必要です。

円からドンへの両替は現地ホーチミン市内での両替が圧倒的にお得ですが、

初日に使う分のドンは日本で用意して持っていくことをおすすめします。

(空港からタクシー乗るなどで何かと使う)

初日分ですが、最低 200万ドン(13,000円程度)は持っていきましょう。

50万ドン紙幣×3枚、20万ドン紙幣×1枚、10万ドン紙幣×3枚あると便利です。

お金(ベトナムドン)をどんどん両替するお得な場所はここ!

ベトナムドンへの両替を詳しく見る

海外に行くときは、念のため「アメリカドル(USD)」を数十ドル程度持っていくと、より安心です。

クレジットカード(できれば2枚)

クレジットカード

現地でも観光客向けのお店では使えますし、

何より現金が足りなくなった場合に、キャッシングなどで現金を用意できますので、

万が一のためにも持って行った方が良いですね。

VISA、MASTERであれば大体使えますが、

クレジットカードが万が一使えない場合もありますので、2枚(2種類)用意しておく方が安心です。

海外旅行で使うカードなら「エポスカード」がおすすめ。

スマートフォン

最近の海外旅行ではもはや必須アイテムのスマホです。

緊急時の連絡はもとより、知人・友人・同行者とのLINEなどでの連絡、

また何より、マップ機能で自分のいる位置がわかるのは心強い。

最近はスマホカメラの性能も良いので、デジカメなどを持たなくても良いかもしれません。

スマホの盗難にはくれぐれも注意しましょう。

充電機・充電ケーブル

充電ケーブル

スマホの充電機・充電ケーブルはお忘れなく!

現地・ホーチミンでも買えますが、規格があうかどうか不安ですよね。

いつも使っている充電機・充電ケーブル(できれば予備も含めて2個)を持っていきましょう。

世界のコンセント

ベトナムのコンセントは、穴が丸っこい「Cタイプ」が主流ですが、

ほとんどの場合、日本の「Aタイプ」も入るように作られていますので、

形状を変更する道具(変換プラグ)は不要です。

ベトナムのコンセント

ベトナムのよくあるコンセント、無理やり突っ込めばAタイプも入ります。

ただしベトナムの電圧は 220V(日本は 100V)ですので、

充電ケーブルや 220V に対応しているかは事前によく確認しておいてください。

海外すべてのコンセントの形状に対応できる、変形ロボットのように形が変わる変換プラグ

詳しくはこちら

※ホーチミンでは、日本の「Aタイプ」もほぼ使えますので基本的には不要です。

海外旅行保険の書類

海外では基本的に日本の健康保険は使えません。

海外の病院では思わぬ高額になることも!

海外旅行保険に入って費用面の心配は取り除いておきたいところです。

申請用紙や問い合わせ先などが書かれた書類を一式、印刷して持っていきましょう。

イザというときにスマホで調べだすのは大変です。

海外旅行で持って行った方がよい持ち物

海外旅行であればベトナムに限らずどこの国でも持って行った方が良い持ち物を解説します。

衣類・身に着けるもの

常備薬

「おくすり」を持っていきましょう。日ごろから飲んでいる薬は忘れずに。

海外は急に体調を崩したり、お腹を壊すことも、

「風邪薬」「痛み止め」「整腸剤」などのよくある薬は持っていく方が安心です。

ポイント

持っていきたいおくすり

  • 胃薬
  • 風邪薬
  • 痛み止め(解熱・鎮痛)・頭痛薬
  • 下痢止め
  • オロナイン軟膏、マキロンなどの消毒薬
  • 絆創膏

ウェットシート

ベトナムの街歩きやホテル滞在時に「ウェットシート」は特に便利です。

手を拭きたいときはもちろん、

ちょっと机の上や手持ちの小物を拭きたいときなどにも便利、

顔拭きにも使えるウェットシートもあるといいですね。

2個目の財布

街中で直ぐに出せる分だけ現金を入れておく

2個目の財布を持っておくと安心です。

タクシーや市場、路上での買い物でも、万が一にスリなどにあっても

大金が入っていなければ、まだあきらめもつくというものです。

メガネ・コンタクト

日ごろコンタクトの人も多いことでしょう。

現地ホーチミンでコンタクトが無くなり、メガネも無かったら大変です。

予備のメガネ、予備のコンタクトをもって行きましょう。

コンタクトの方は洗浄液なども忘れずに。

化粧用品(※女性の方)

女性の方は、旅行用に自分にあうお化粧品を持っていきましょう。

現地・ホーチミンでもお化粧品を買えますが、

日ごろから慣れて使っているものの方が良いですね。

街歩き用リュック・バッグ

海外の街を歩くときに、さすがに手ぶらで歩くわけにはいきませんね。

便利なリュック・バッグを持っていきましょう、

リュック・バックはチャックがしっかりついているものを選びましょう。

ひったくりに狙われやすい「高級バッグ」、「手持ちバッグ」は避けてください。

海外旅行で使えるリュック!実際に購入・使用したレビュー

海外旅行におすすめのリュックを詳しく見る

衣類・身に着けるもの

服(アウターや下着)はどのくらい持っていけばいいのでしょうか?

現地・ホーチミンでも買えますが、ある程度持って行った方が安心ですね。

衣類・身に着けるもの

衣類(日数分、または、最低3日分)

ベトナムは暑い国、

半袖シャツ(またはTシャツ)とハーフパンツで街中を歩くぐらいで丁度良いです。

ハーフパンツはユニクロなどで可。

なお衣類は旅程にもよりますが、最低でも3~4日分ぐらいは持っていきましょう。

暑い国で散策で汗もかきますので着替えは多めの方がいい。

ベトナムのホテルのランドリー(クリーニング)は比較的安価ですので、

ホテルに洗濯をお願いしても良いかもしれません。

帽子

ベトナムの日差しはとても強い、気温も日中は30℃後半(37℃、38℃~)になりますので、

日射病・熱中症対策のためにも「帽子」はあったほうが良いですね。

帽子は「ハット帽」が日差し避けにもなって良さげです。

(街中で麦わら帽子を使っている人はほとんど見かけません)

詳しくはこちら

海外旅行では帽子はよく無くします(レストランに忘れてきたりする)。

高い高級品ではなく、無くなっても諦められる帽子を今回向けに用意しましょう。

ハンカチ

ベトナムの日差しはとても強い、汗もかきます。

トイレなどで手を洗った際に拭く際にも使いますので、

ハンカチは日数分持っていきましょう。

カーディガン、ストール、パーカーなど

ホーチミンは常夏ですが、夜は若干肌寒く感じる季節もあります。

ほとんど使わない可能性が高いのですが、

カーディガン、ストール、パーカーなど羽織るものが1枚あると安心です。

サイゴン川クルーズなどでは少し風を冷たく感じる時も、

羽織るものを1枚、持っていきましょう。

ベトナムだから持っていきたいもの

ベトナム(南国)だからこそ持っていきたいものを解説します。

衣類・身に着けるもの

日焼け止め

ベトナムは暑い国、日差しもとても強いため、

慣れていない日本人はきとんと日焼け止めを使ったほうがいいですね。

日焼け止めはベトナムのコンビニでも売っていますが、SPF80+++など、

日本では売っていないほどの強い日焼け止めも売っています。

半面、ウォータープルーフや、肌触り(付け心地)が優しいものは少ないので、

いつも日本で使っている慣れている日焼け止めを持っていきましょう。

虫よけスプレー

ホーチミンでは特に夜になると「蚊」が発生します。

あまり慣れない土地で蚊にさされるのは不安ですね。できる限り避けたいものです。

「虫よけスプレー」で対策しておきましょう。

詳しくはこちら

旅行用シャンプー・リンス・ボディソープ

ベトナムのホテルにも「シャンプー」や「ボディソープ」はありますが、

バサバサ感があり、日本製品のように「しっとり感」がありません。

ベトナムは暑く、汗もかきますのでシャワー回数も多くなります、

旅行用のシャンプー、リンス・ボディソープは念のため日本から持っていくと安心です。

詳しくはこちら

カミソリ(※男性)

★3程度のホテルなら常備しているカミソリ(アメニティ)ですが、

特に高級ホテルなどはカミソリを部屋に置いていないこともあります。

( 欧米ではよく見られる環境保護の一環です)

フロントに言えば貰えますし、コンビニでも買えますが、

宿泊初日の朝1で気が付いたときに困りますので、

念のため、スーツケースにカミソリを1個入れておくと安心です。

ホテルの地図

宿泊先のホテルの地図を紙で印刷して持っていくと便利です。

ベトナムのタクシーでは、有名ホテルでもホテル名では伝わらないことがあります。

ましては、★4、★3のホテルでは、ほぼわかりません。

とはいえ、

スマホで地図を見せるのは、ちょっと危ない。

(スマホを持って行かれる心配がある)

空港からホテルにタクシーで行く際や、観光中にホテルにタクシーで戻る際に、

場所を使える時、ホテルの地図を紙で見せると確実です。

ベトナムで利用する Wi-Fi(ネット)

ベトナムでは日本のスマホのネットは使えません。海外ローミングになります。

またベトナムは街中でのネット環境が整っており、

カフェやレストランでは、無料 Wi-Fi がありますので、あまりネットには困りません。

とはいえ、街中散策中に LINE で連絡を取り合ったり、マップをみたりしますので、ネットは必要です。

ベトナム(海外)で、ネットを利用する主な方法を解説します。

海外ローミングサービス

キャリアの海外ローミングサービスを使う

Docomo、AU、ソフトバンクともに海外ローミングサービスを提供していますので、

事前に申し込みや設定をしておけば、何もしなくてもそのまま海外でもネットが使えます。

ただし、料金面が高くなります。

便利ですけど高い。使いすぎると思わぬ高額になることも。

数日程度の短期の旅などでは使い勝手が良いですね。

(最近は値段の上限があるサービスもあるのでお使いのキャリアに確認してください)

ポケット Wi-Fi

ポケット Wi-Fi を使う

ポケット Wi-Fi を契約して持っていくのは便利ですね。

何よりも家族で旅行する場合など、グループで1個持っていけばよいのでお得です。

(共用できる)

海外ローミングに比べて料金面でもお得です。

おすすめポケット Wi-Fi は「グローバル Wi-Fi」です。

PR

グローバルWiFiの受取・返却場所は国内17空港、34ヶ所のカウンターで受取・返却が可能です。

グローバルWiFiのメリット

  1. 料金がお得(安い)
  2. バッテリーの持ちが良い

グローバルWiFiのメリットは何と言ってもお得な料金です。

6年連続 No.1 を誇るほど利用ユーザーが多いことが料金を安くできる秘訣かもしれません。

グローバルWiFiのデメリット

  1. 機器が若干「重い」

バッテリーが長持ちする分、機器が若干「重い」のがデメリットです。

その代わり、1日の観光に十分なバッテリーの持ちがあるため、

モバイルバッテリーなどを持ち歩く必要がありません。

利用の流れ

Step.1

ネットから申し込み後、クレジットカードかコンビニ払いで決済します。

下矢印

Step.2

空港や国内カウンター、ロッカーでの受け取り、現地受け取り、宅配便など多数の受け取り方法で機器を受け取ります。

下矢印

Step.3

海外旅行中に利用する。

(WiFi機器の紛失、盗難、破損の場合に発生する費用が100%または80%免除となる補償制度あり)

下矢印

Step.4

空港/国内カウンターや返却BOXで返却します。

ご利用プラン例

プラン概要
日程2月23日(祝日)~2月26日(日)5日間
※23日午前1時出発、23,24,25現地宿泊、27日(日)早朝帰国
「※日本出国時:深夜便利用の方は出発時刻の日をご選択ください
(受取は前日の21時以降となります)」
により23日~を選択
滞在国ベトナム
プラン4G 600MB/日
受け取り羽田空港受け取り・返却
保障ライト:
安心補償パックフル + モバイルバッテリー
機器紛失時に弁済金が免除

利用代金合計(料金シュミレーション結果)

合計金額 6,600 円(税込)

内訳

内訳
WiFi通信料1,170 円/日 × 5日 × 1 台 = 5,850 円
早割 - 1,200 円
割引適用中!により1000円引き - 1,000 円
小計 3,850 円
オプション500 円 × 5日 × 1 個 = 2,500 円
小計 2,500 円
手数料500 円
割引適用中!により無料 - 500 円
小計 0 円
消費税(税率:10%課税対象額
2,500 円
消費税額
250 円
PR

\繁忙期は在庫が心配、お早目の予約を/

Global Wifi を詳しく見る

Sim を買う

Sim を買う

現地で Sim を買う方法もあります。

料金面がお安く済みますが、なにかと面倒ですので、

慣れている方向けの方法です。

sim は空港やホーチミン市内で購入することができ、

その場で Sim を交換してくれますので、すぐに使えます。

しかし、日本に帰って、もとの sim に戻すときに、

Sim 交換用のピンが無いと交換作業ができないので、

いきなり詰むことがあります。

詳しくはこちら

事前に買って用意しておくと安心ですね。

チェックリスト

チェックリストを用意しました。ベトナム行く前に確認してください。

海外旅行の必須の持ち物

持ちものチェック
パスポート
パスポートのコピーと写真2枚
飛行機の「e-チケット」
ホテル予約の「e-チケット」
現金(ベトナムドン)
クレジットカード(できれば2枚)
スマートフォン
充電ケーブル
海外旅行保険の書類

海外旅行で持って行った方がよい持ち物

持ちものチェック
常備薬
ウェットシート
2個目の財布
メガネ・コンタクト
化粧用品(※女性の方)
クレジットカード(できれば2枚)
街歩き用リュック・バッグ

衣類

持ちものチェック
衣類(日数分、または、最低3日分)
帽子
ハンカチ
カーディガン、ストール、パーカーなど

ベトナムだから持っていきたいもの

持ちものチェック
日焼け止め
虫よけスプレー
旅行用シャンプー・リンス・ボディソープ
カミソリ(※男性)
ホテルの地図

Wi-Fi 環境

持ちものチェック
Wi-Fi 環境(海外ローミング・ポケット Wi-Fi・Sim)

まとめ:ベトナム・ホーチミン旅行に必要な持ち物

ベトナム・ホーチミンは都会ですので、

もし何か忘れても現地でもほとんど変えますのであまり困りません。

とはいえ、日本での買い物とは違う緊張感もありますので、

可能な限り、事前に準備して持っていき、安心して旅行したいですね。

しっかり持ちものを確認して、素敵な旅行にしましょう。

おまけ

おまけ:ベトナム・ホーチミン旅行の注意点

  • 水道水は飲まない。心配な場合、歯磨きのうがいもミネラルウォーターを使う
  • バイクに乗ったベトナム人が、「観光するか?」「これ買え」とか言ってくるが、すべて「NO Thank you ~」
  • 靴磨こうかといって強引に靴にクリーム付けてくる靴磨きが来たら、NO と言って逃げる
  • フォーは生のレバーに注意
  • 犬に噛まれたら直に病院に行く
  • 現地での虫刺されに注意、虫よけスプレーをつけておけば OK
  • スプーンと箸は使う前に拭く(と思っていたが、面倒になって最後は気にならなくなる)
  • タクシーに乗った場合、必ずメータを開始していることを確認
  • タクシーは VINASAN に乗る

素敵な旅行にしてくださいね。

おすすめホテル予約

さっそく旅行を探してみよう♪

探すだけでも旅行気分

PR

詳しくはこちら

旅行予約はお早めに

さっそく旅行を探してみよう♪

探すだけでも旅行気分

PR

詳しくはこちら

もっとベトナムの記事を読みたい方はこちらをクリック

クリックアイコン

\行きたいと思った日が、旅の始まりです/

PR


Presented By Boon Boon Star .Com

にほんブログ村 旅行ブログへ 

広告の設置・収入について

当サイトは Amazonのアソシエイトとして、適格販売により収入を得ています。
当サイトは Google アドセンスを利用し、広告により収入を得ています。
当サイトは ASP が提供するサービスを利用し、広告、適格販売により収入を得ています。

電気通信事業法改正に伴う表記