ベトナム(Vietnam)

ホーチミン旅行初心者の「防犯」注意点(スリ、ひったくり、お金見せて詐欺、ぼったくりタクシー、ホテル泥棒など)

広告:ページ内にてアフィリエイト広告を利用しています。

ひったくりバイク
財布がねぇ

Vietnam in love,
Travel to Ho-Chi-Minh City.

最近、人気急上昇のベトナム・ホーチミンの旅行に期待一杯ですね。

せっかく海外旅行ですから楽しく旅行したいもの。

しかし場所は海外、比較的治安の良いベトナムとは言え、

日本に比べたらまだまだ安全とは言い切れません。

本記事では、ベトナム・ホーチミン旅行で注意しなければならない防犯ポイントを紹介します。

ホーチミン旅行の注意点

PR

スリ・ひったくりに気を付ける

より安全に旅行したいなら、オプショナルツアーに参加するのも一つの方法です。

現地ツアーを探す方はこちら

PR

海外旅行オプショナルツアーを楽々予約

東南アジア旅行の注意点でよく言われるのが、「スリ」や「ひったくり」です。

とはいえ、ベトナムは世界的に見れば比較的治安は良い方、

あまりキツキツに警戒しても、折角の旅行が楽しくありません。

注意するべきポイントを覚えて、楽しい旅にしていきましょう。

観光地での「スリ」に気を付ける

観光地、とくにベンタイン市場や、ブイビエンストリートなどの雑多で混んでいる場所では、

バッグやポケットに手を突っ込まれて財布などを盗まれる「スリ」に注意が必要です。

ベンタイン市場の雑踏

有名なベンタイン市場は買い物などを楽しめる観光スポットですが、

雑踏のなか、店がひしめいており人の間をすり抜けて歩かなければならないことも。

スリには十分に注意が必要です。

直ぐに取り出せる外側ポケットにお財布を入れるなんてもってのほか、

スマホもポケットインは気をつけましょう。

手持ちカバンであれば、チャック付き(できれば鍵付き)は必須です。

海外の街歩きで高級ブランドのバッグを持ち歩いたら「狙ってくれ」と言っているようなもの、

海外では高級ブランドのバッグはパーティーなどの特別な場所で使うもので普段は持ち歩きません。

チャックがしっかりついていて(開けるのに一手間必要な)カバンが理想的です。

海外旅行は「リュック」がおすすめ

海外での街歩きならリュックがおすすめです。ひったくりやスリにも対策しやすい。

何よりもバッグよりモノが入るので買ったお土産も入れられて便利ですね。

リュックの紹介は こちら をどうぞ。

バイクの「ひったくり」に気を付ける

ホーチミンはバイク天国、道路中をバイクが埋め尽くすことも日常茶飯事です。

いきなり歩道を走ってくるバイクもあるほど!

バイクのひったくり

バイクで走りぬけながら手持ちのバッグを盗む

「ひったくり」に注意です。

なによりも、バッグ(バイク)に引っ張られて転倒したり、とても危ない!

大事なバッグを盗まれるのも痛手ですが、楽しいはずの旅行中に転倒して怪我をしたら最悪ですね。

注意するべきポイント

  • 車道近くを歩かない(建物側を歩く)
  • 手持ちバッグは建物側、または体の前に抱える(車道側には持たない)
  • もしバッグを取られても引っ張らない(転倒の危険)
  • 大金をバッグに入れて持ち歩かない

「スマホひったくり」に気を付ける

ホーチミンでは路上でスマホを操作する場合に要注意です。

スマホ(特に iPhone)を奪って逃げるひったくりがいる

街中でスマホを出していると、そのまま奪って逃げるひったくりがいます。

不用意に路上でスマホを触るのは避けましょう。

写真を撮るときは、周りに注意してからスマホを操作するように、

特に、スマホでLINEを打つために操作したり、電話したりしていると、

バイクで走りぎわに、奪っていくひったくりがいます。

スマホは建物内で使うか、

路上で使う場合は建物側に身を寄せて使うようにしましょう。

自撮り棒を使って自撮りをするカップル

特に「自撮り」は、「スマホを持って行って」と差し出しているようなもの、気を付けて!

靴磨きボッタ、街案内詐欺、お金見せて詐欺に気を付ける

ホーチミンの街中を歩いていると、英語や、変な発音の日本語や話しかけてくる人がいます。

「ヘイ、ミスター」とか、

「ドコイクノー、アンナイスルヨー」とか、

子供のころに教わりましたよね、

知らない人についていってはいけません。

勝手に靴を磨いてくる「靴磨きボッタ」

「ヘイ、ミスター」と声をかけてくる靴磨きのお兄さんは、

立ち止まっていると勝手に靴を磨きだします。

おぃおぃおぃおぃ!

革靴ならまだしも、スニーカー、はたまたサンダルまで磨きだすお兄さん

どれだけ磨きたいんだよ!

と思わずにはいられませんが、下手にお願いすると靴磨き後に

100万ドン(約5000円)、200万ドン(約10000円)と請求されることもあるので、気を付けて!

「ノー!センキュー」と断るか、無視して歩き去るのが無難です。

街案内スルヨ詐欺

「アンナイスルヨー」「ウアスイヨー(安いよー)」とバイクやシクロに乗って声をかけてくる

街案内バイクタクシーは

お安いベトナムドンで観光地を巡ってくれると言いながら

最後に法外な値段を請求してくる街案内詐欺の可能性があるので要注意です。

バイク街案内

そもそも知らん人のバイクに乗って観光って怖くない?

子供のころに教わりましたよね、

知らない人についていってはいけません。

お金見せて見せて詐欺

詐欺というより、もはや強盗

街中で声をかけてきて、

「チョット、ニホンノオカネ、ミセテクダサイ」

「今度日本に行くんです」などと理由を付けて、

日本のお金(イチマンエン)や、ベトナムドンの高額紙幣を見たがる人がいます。

お金を見てニンヤリする男

そのまま奪って逃げるつもり満々ですよね?

「ノー!ノー!」と断るか、無視して歩き去るのが無難です。

ぼったくりタクシーに気を付ける

ホーチミンでは多数のタクシーが走っていますのが、間違ったタクシーに乗ると

異常に高いお金を請求されたり

改造メーターを使われたり

ぼったくりタクシーかもしれません。

比較的、安全なタクシーが、「Vinasun(ビナサン)」と「Mai Linh(マイリン)」です。

ビナサンタクシー

ビナサンタクシー

特にベトナム・ホーチミンに初めて来る方は、空港から市内への移動のタクシーで迷うことが多いですね。

空港にはボッタくりタクシーが多いので要注意!

空港からの移動の注意点は、こちら をご覧ください。

空港から市内への移動方法はこちら

ホテルの防犯に注意

高級ホテルであればほとんど心配いりませんが、格安ホテルやドミトリーなどは防犯が大切です。

特に一泊1000円程度の超格安ホテルなどでは、

ホテルスタッフがマスターキーで夜間に部屋に侵入して物色することも。

または別室の客が侵入して物色する可能性もあります。

ホテルは安心な一定レベル以上のホテルに泊まるようにしましょう。

貴重品はセーフティーボックスに入れる

セキュリティボックスは比較的安全です(過信は禁物)。

旅行中の大金や、パスポート、日本の家の鍵、帰りの電子チケットなどはセキュリティボックスに入れて保管が安全です。

セーフティーボックス

滞在中の貴重品(パスポートなど)の保管は勿論ですが、

就寝時には持ち歩いているお財布なども保管しましょう。

スーツケースはチェーンをかける

スーツケースの持ち去りも心配ですね。

対策しておくにこしたことはありません。スーツケースは、チェーンなどでテーブルや柱に結んでおくと安心です。

スーツケースとチェーン

時にはセーフティーボックスが無かったり、壊れたりしているホテルもあります。

スーツケースはロックがかかりますので、さらにチェーンで括っておけば貴重品を入れてもまだ安全ですね。

チェーンは日本で購入して持っていくと安心です。

まとめ:ホーチミン旅行初心者の注意点

本記事では、ベトナム・ホーチミン旅行で注意しなければならない防犯ポイントを紹介しました。

  • スリ・ひったくりに気を付ける
  • 靴磨きボッタ、街案内詐欺、お金見せて詐欺に気を付ける
  • ぼったくりタクシーに気を付ける
  • ホテルの防犯に注意

きちんと対策して、楽しいホーチミン旅行にしてくださいね。

おすすめホテル予約

さっそく旅行を探してみよう♪

探すだけでも旅行気分

PR

詳しくはこちら

旅行予約はお早めに

さっそく旅行を探してみよう♪

探すだけでも旅行気分

PR

詳しくはこちら

もっとベトナムの記事を読みたい方はこちらをクリック

クリックアイコン

\行きたいと思った日が、旅の始まりです/

PR


Presented By Boon Boon Star .Com

にほんブログ村 旅行ブログへ 

広告の設置・収入について

当サイトは Amazonのアソシエイトとして、適格販売により収入を得ています。
当サイトは Google アドセンスを利用し、広告により収入を得ています。
当サイトは ASP が提供するサービスを利用し、広告、適格販売により収入を得ています。

電気通信事業法改正に伴う表記